英語力の向上を求めて留学をする際にはそのレベルと目的に応じて適切な留学先があります。


ただし、その前提として念頭においてかなければならないのは、留学をするメリットはコミュニケーション力の開発にあり、英文法や語法を学ぶだけであれば日本国内でも事足りるということです。

留学を通して身につけるべきは英会話の能力であり、そのレベルと目的によって場所を選ぶのが適切です。

カナダ留学はこちらのサイトで情報公開中です。

典型的なのはネイティブの国であるアメリカやイギリスであり、どのようなレベルの人でもニーズに応じた語学学校などの留学先が存在しています。

教えてgooについて気になる方はこちらです。

しかし、しばしば初級者は授業内容について行けなかったり、学校に行くことはできても生活するのが大変だったりするということがあります。

そういった人に向いているのはネイティブの国ではなく、むしろ留学生に対する英語教育が充実しているフィリピン留学です。

フィリピン留学では講師はネイティブではありませんが、自分が英語を勉強してきたという経験を持っているので生徒が現在どういう状況にあって、何を習得することが英会話上達への近道かということを考えてくれます。こういった学習の経験というのはネイティブにはないものであり、初級者から中級者が当たってしまう壁の越え方を良く理解してくれているのです。


こういった講師にマンツーマン指導を受けることによって飛躍的に英語力を伸ばせます。



しかし、ネイティブでないがゆえに微妙な言葉の使い分けやスラングなどには乏しいということもあり上級者には勧められないのがフィリピン留学です。